The day. バフバフ2010

この冬の話題作っ!!
ついに解禁っ!

2010.2.7 The day!


シーズン前にモチベーションを上げるべく、創りました。
うう、眠い・・。

テンション上がった? コメントちょうだいませませ。


もう片っぽのバフバフもPVにするでね。
待っててね~。


— posted by タイチョー at 02:56 am   comment コメントする [7]  ping トラックバック [0]

 G3 スキンテールコネクターキットの取り付け方

マニアック過ぎて、役に立たない情報です。

新しい相棒(ファット)の為に、現行使っているスキーのシールを短くします。
ちょうど、似たようなスリーサイズです。
長さは、186センチ→179センチなので、さすがにカットが必要です。
使うパーツは、G3 スキンテールコネクターキット。 2000円くらい。

【店内全品送料無料】G3スキンテールコネクターキットLink

ネットでずいぶん取り付けレポートを探しましたが、ありませんでした。
そこで、僕が頑張って、人様の役に立とうと決意。
といっても、そーとーマニアックすぎるネタだ。

PS:車庫の隅に追いやられた僕のチューンスペースは散らかっています。
ご了承下さい。だって、いつ終わるともしれないリフォーム中なんだもの。
あ、前からとっちらかってるか。


まずワックスを削ります。 ぴかっ。

ワックスはがし



結構、余っています。 この余分を切らねば。

シールを短くします。



カッターマットを引きます。

カッターマットひいて



カッターでスパっといきます。

カッターでスパッ



コネクターキットをあてがって、取り付け位置を確認。

取り付け位置確認



ばみります。 「ばみる」とは印を付けることの意。

印をつけます



ポンチで穴を開けます。
ハンマーで殴らず、手で持ってぐりぐりやって開けましょう。

ポンチでぐりぐり



こんな感じ。

こんな感じ



スキンテールコネクターをあてて。

スキンテールコネクターをあてます



上からはさんで。

上からはさんで



ハンマーでリベットをつぶせばOK。

注意・シールを板からはがしてから、リベットをたたきましょう。
でないと、ぼくのように板に傷が・・・、あわわ・・・。

余分なところをカットして。

ハンマーでリベットをつぶして、余分をカット。



ブラックダイヤモンド グロップストッパーワックスをごしごしやって完了!

【ブラックダイヤモンド】グロップストッパーワックスLink

グロップストッパーワックス



ささ、立山行きましょか。 バフバフが待ってますよ。

※もし役に立ったら、コメント下さい。


— posted by タイチョー at 10:34 pm   comment コメントする [4]  ping トラックバック [0]

 

 御在所岳アタックレポート

2010年10月17日。
やってきました恒例行事。
前人未踏の御在所岳。
集まった登山家14名+おまけ3名。
14名のうち、初心者が5、6名。
おいおい大丈夫か?
まあ、えらけりゃ下りはロープウェーでもいいしね。
このうち、3人はビーコンを持っています。
なんのため? 念のため。

朝8時ごろしゅっぱーつ。

御在所登山 出発前



最近、流行の山ガールに聞きました。
僕「どうして山に登るんですか?」
山ガール「そこに山があるから。」
そこに山がーるから
山ガールから・・・。

僕の小話で失笑を誘ってから、スタートです。

中登山道にて


中道は、見所いっぱいで楽しいルートです。

おばれ岩にて


おばれ岩を支えている人。

写真撮る人を撮る人を撮った写真


写真撮る人を撮る人を撮った写真。

地蔵岩にて


地蔵岩にて。

地蔵岩 登頂


登頂に成功。 さすがに足がすくみます。

地蔵岩をつまむひと


地蔵岩をつまむひと。

はしゃぐ人


はしゃぐ人。

岩場


けっこう急な岩場。

竹馬する人


頂上付近は、観光スポットか。 普通に売店あります。

御在所岳 頂上 三角点


おまけの3名と合流した頂上にて。

トレイン?


スキージャーナルみたいです。 ターンの運動をコマ撮り。

無事下山


なんとか無事怪我人もなく下山。 温泉→ご飯→帰宅


ちなみに僕は、登山嫌いです。
理由は、えらいから。
登っても下りで滑れんし。
ご褒美ないのに、みんなよく登るよ。
と思っていても、また登ってしまう。
それが登山か?

ってか、危ないでしょ。
岩ごつごつしてるし。
みんなヘルメットかぶるわけじゃなし。
足踏み外したら、なんて考えると、
よっぽど雪山登る方が安全だと思うんだけど。

ささ、みんな。 登ろう雪山。
なんてったって、ご褒美があるよ。

— posted by タイチョー at 09:42 pm   comment コメントする [0]  ping トラックバック [0]

 国際スカイプ飲み会 レポート

スカイプ飲み会



国際オフピステ協会。 その名のとおり、世界各国に支部がある。
アメリカ支部、中国支部、タイ支部。

2010年8月21日 日本時間21時。
IT技術を駆使して、会議を行いました。
アメリカでは、なんと朝8時。時差13時間。
中国支部の林(リン)さんは、中国の情報規制により参加できず。

だらだら4、5時間もやってしまった。
6人もいると誰としゃべっているのかわかりにくいけど、
なれるといい具合にいい加減になって、飲み会成り立ちます。
途中で、お手洗いに席を外しても普段の飲み会っぽく自然です。

時差13時間のアメリカがまるで国内との通信並のレスポンス。
これは驚き。 単純に距離じゃないのかな。

タイは、相変わらず回線速度に難あり。
ポリゴン映像のような糸P。 表情堅い・・。 がんばれ、回線。

ちなみにマックス24名。
まあ10名あたりで、てんやわんやでしょうが。

— posted by タイチョー at 09:52 pm   comment コメントする [0]  ping トラックバック [0]

 御岳アタック 2007 プロモーションビデオ

久々に創作意欲が湧いたので、夜な夜な創りました。

2007年の御岳アタックのPVです。 (いったい何年前だっての)
出演者の演技がすばらしいです。
アカデミーショー候補にノミネートだけされましたが、
惜しくもハリーポッターに持ってかれました。



いやあ、やっぱしSD映像な扱いやすいや。
ハイビジョンで撮りためてる素材が編集されるのは、いつになることか。


— posted by タイチョー at 04:29 pm   comment コメントする [3]  ping トラックバック [0]

 ライダー紹介:けーちゃん

けーちゃん

鶏肉じゃないよ。

前は、豆に通った雪山から足が遠のきつつある。 仕事だからしょうがないといえばしょうがない。 しかーし、休みはコンパばかり行ってるって噂が・・・。

僕は言いたい・・・。

私のことは、遊びだったのねっ!


【太い板】 K2 セスビシャス

【出没地域】 藤が丘のお洒落なレストランバー、オートバックス。

 

— posted by タイチョー at 07:15 pm   comment コメントする [0]  ping トラックバック [0]

 御岳山 再アタック! レポート

懲りずにやってきました。 御嶽山。
4月3日は、途中ホワイトアウトと、斜面の凍結によりギブアップ。
こんどこそ、頂上を目指す!!
しかし、また寒波が来てるとか。

再アタック 出発前


(再アタック 出発前。)

前回参加者6名 + 日向小次郎 計7名。 7人の侍か・・?

朝9時過ぎ、ハイクアップスタート 目指すは、3067メートル 剣ヶ峰の頂。

樹林帯は抜けました。


(樹林帯は抜けました。)

天気もいいし、風もなし。雪も登りやすそうな状態。
これはもしやいけちゃうかも。

もうすぐ9合目


(右に見える2つの点は、ボンバーとishi)

9合目の小屋あたりで休憩


(9合目の小屋あたりで休憩。 あとひといき。)

野生児 日向小次郎がいいペースメーカーになってくれたお陰で、
3時間強で頂上に到達。

御岳山 頂上到達!


(やりましたー。 空気がうすーい。)

抜けなくなっちゃった不謹慎な人


(抜けなくなっちゃった不謹慎な人。)

何者?


(君はいったい何者だ?)

7人の侍 in 頂上


(フリーライド界における 「7人の侍」 in 頂上)

iちゃんと


(森林限界に咲く一輪の花 Iちゃんとの再会。)

冒険家ご一行


(冒険家ご一行。)

ishi


(この後、エレガントな滑りを意識して捻挫。)

7人の侍 1


(7人の侍)

7人の侍 上段の構え


(上段の構え)

らったたー


(らったたー)

とー


(とーっ!)

無事帰還を果たした「7人の侍」

昨年は、季節外れの猛吹雪に遮られ、月初では、ホワイトアウトに阻まれた。
来シーズンから、この時期のロープウェーの稼動が期待できないので、
今回に賭けていた。 まさかのベストコンディション。
御嶽山の神様ありがとう。


この後、リフトが止まるまで、ひたすらコブでトレイン。
ずたずたの体を更にいじめ抜くこの姿勢こそが、協会スピリッツ。
余分だった・・・。

— posted by タイチョー at 10:08 pm   comment コメントする [0]  ping トラックバック [0]

 御岳アタック レポート

H22年4月4日 霊峰 御嶽山アタックに行ってきました。
参加者は10名。 うち5名は初雪山登山。

前日の夜着。 サワダッチ号(ステップワゴン)の中で、
大人10人が体育座りで作戦会議(軽い飲み会)。
このおしくらまんじゅうな感じが団結力を高めます。

御岳アタック 朝



しっかし寝たので、快調な目覚め。
天気もいいし、絶好のアタック日和。
この天気なら、ひょっとして全員頂上までいけるんでは?

ハイクアップの準備中


慣れない作業に時間がかかってしまった人も。

出発前


まだ元気です。

バナナが似合うサワダッチ


バナナが似合います。

樹林帯は越えました。


ここら辺りまでは快調でした。 ひとり滑落したけど。

8.5合目あたり


だんだん表面が凍ってきたような。

愛妻弁当


9合目の小屋までがかなり急です。 小休止。

かなり斜面がカチコチに凍ってきた。
9合目の小屋を越えたら、スノーシューやクランポンの歯が利かないぐらい。
「スノーシューの歯が立たないのに、シールの毛が立つかいな」 滑さん談
風もビュンビュン強くなってきた。
天気も曇ってきた。
冷えてきた。
僕は、直登が厳しいので、刻んで登っていった・・。
気がつけば、足元に横にどーんと長いクラック(ヒビ)が。

僕「お~っ、く、クラックだ~ ひえー。 汗」

2本跨いだぐらいで、かなりテンションが下がる。
他の皆もテンションが落ちてきた。
そろそろ限界か。

そして、濃い霧に包まれた。
ホワイトアウトっ!!

て、撤収~ッ!!

他の登山家も頂上をあきらめて下山。

とりあえず、9合目の小屋(雪に埋もれているので、屋根の上)で身支度。
スキーの腕前は、いっぱしでも、ガリッゴリの急斜面を前に、みんなドンビキ。
そりゃあそうだ。 真っ白で見えないのだから。
転びでもしたら、見事にロング滑落が待ってそうだ。
ひとりずつ、ちびりちびりと滑っていると、斜面の上のほうから、ピッケルが
金属音を立ててすべり落ちてきた。 他にもいろいろ。
普通に危ない話だ。
ここではちょっとした落し物が凶器になる。

ガリゴリですけど。



急斜面をやり過ごしたぐらいで、ガスも晴れて一安心。
と思いきや、樹林帯で油断したのか、5mくらいの高さの崖から、ひとり落ちた。

無傷。

その周りには、落下の際、へし折った枝というより幹が何本か散らばっていた。

奇跡!!  ってどんな強いドロップキックなんだ。

なんとか無事帰還



なんとか全員怪我なく下山。 いままでで最も過酷な御岳山だった。
初雪山登山の5名は、山行嫌いになったりしないかな。
山は甘くはない。 いきなり厳しい表情を見せる。
分かっているつもりでも、自然ってのはでかすぎる。
振り返れば、たくさんの反省点。

次に活かさねば・・・。

という訳で、次は4月25日。 再アタックです。

— posted by タイチョー at 11:09 pm   comment コメントする [0]  ping トラックバック [0]

 2月のバフバフツアーレポート

H22年2月6~7日 やってきました。 某エリア。
オフピステのテダレが5名。
ここんところ、一週間くらい大寒波で積もりに積もっているはず。
降りすぎだ。
ゲレンデまであと数キロ地点で大渋滞。
のんびり「私をスキーに連れてって」を鑑賞。
見終わるくらいにようやく宿着。
もう昼近い・・。

しかし、あいにくの超強風、猛吹雪。
頭が割れそうなほど寒い。
ヘルメットの穴を手で塞がないといられない。
リフトは風で止まったり、運休。
まともにエリアにアクセスできず・・。

明日に期待して、飲みまくる。

作戦会議


明日はあてるぞー。

お好み焼き職人


この男にもいいところがありました。お好み焼きを焼くのがうまい。

プロ お好み焼き


外はカリッ、なかはふっくら。

夜の作戦会議も異常な盛り上がり。
ワルガキが4人揃うと、飲み会に品がなくなる。

------------------------------------------

そして次の日。

バフバフツアー史上、これほどの当たりがあっただろうか。

これこそが、

THE DAY !!

タイチョー


あまりのよさに、7本。 ごち。

サワダッチ


澤Dさん、午前中でギブアップ。

日向小次郎


日向小次郎の品のない滑り。 肉食?

暴走機関車


マンモス、躊躇なき滑り。 暴走機関車か。

ボンバーハナキ


オフピステでは勢いが足りないぞ。 ボンバーハナキ。

満腹、満腹。
ご馳走様でした。

— posted by タイチョー at 01:15 pm   comment コメントする [0]  ping トラックバック [0]

 ライダー紹介:たくちゃん

たくちゃん

娘のボーイフレンド。
僕の娘は、たくちゃんが大好き。 子供の目線で話が出来る。 少年の心を忘れない。 ほんとは、少年なのか?

実は「銀色のシーズン」に出演している。 そう、あの田中麗奈を奪う役のあの男・・。 違うか・・。 その腕を買われてパトロール役ですべりを披露している。 華麗にしてソフトな肌触り、いや滑り。 そう、うまいのだ。

【太い板】 ロシニョール スクラッチ

【出没地域】 整地、コブ、新雪、凍ったコブ。

— posted by タイチョー at 10:11 pm   comment コメントする [0]  ping トラックバック [0]